特集1:自分に合う勉強法の探し方
特集2:ビギナー向けオンライン英会話
特集3:上級者向けオンライン英会話
特集4:英語初~中級者向け勉強法教材

ネイティブはmust, have to, should…をどう使い分ける?ニュアンスの勉強法


この記事は5分以内に読み終わります。
細かいニュアンスを知るためにはHULUなどを使って映画を英語で見る方法を推奨します。
話しながら学ぶならオンライン英会話が使いやすいです。

must,should,have to…何が違うの?
そして、どうやればこういうニュアンスを学べるの?

must, have to, had better, should, might want to…

一言「したほうがいいよ」とか「すべきだよ」とか言うだけでも、英語にはちょっとしたニュアンスの違いだけでいろいろな表現があります。その違いをネイティブに聞いてみました。質問は
In English, I found many expression like must, have to, should, and bla bla bla. And I’d like to know the differences between them.
みたいな感じのこと言いました。そこで返ってきた内容をまとめてみます。この使い分け、知らずに使うとビジネスの場では取り返しのつかないことになりかねません。

この記事では、mustなどの使い分けと、細かいニュアンスを学ぶ方法について説明しています。



意味が強すぎで滅多に使わないmust

ネイティブ:まず最初にmustが一番強い意味なのは知ってるよね。例えば、I must send this e-mail otherwise I will be fired.みたいな感じで、しないと何か大変なことが起こることを暗に含んだ言葉だよ。
とのことでした。

とにかく強い意味なので、滅多に使わないとのことです。仮に部下に指示をする際にもこの表現を安易に使うと、脅迫している位にかなり強い意味になりかねません。

同じく意味が強いhave to

ネイティブ:have toもmustと同じ位か、それより少しだけ弱い程度の意味だと思ってね。

とのことです。日本の学校では、こんなことは教わらないので、結構衝撃でしたね。結構よく使うイメージです。ちなみに彼がhave toを使ってるのは、ほとんど聞いたことないです。mustやhave toなどをビジネスの場で使うと…相手が怒ることにもなりかねないので気をつける必要ありです。

mustやhave toを使ってもおかしくない場面

ただし、これらの表現を使う場面というのがあります。それは主語が自分や自分たちのときですね。例文としてあげられるのは
We must (have to) submit this document until the end of this week.
といった感じです。

割とよく使うかも?少し弱めのshould

ネイティブ:I should go to a hospital.みたいに、しないと即座に大変なことが起こるわけではないし、あんまり気がすすまないかもしれないけど、なるべくやったほうがいいよ/やってもらいたい/やるべきみたいな意味。知っての通り、仕事とかで何かアドバイスをする時にも結構使うよ。

確かに彼のアドバイスでは、mustやhave toは出てこないものの、shouldはよく出てきます。例文としては
You should be able to complete this by yourself until next month.
といった感じです。

shouldより頻度は低いhad better

ネイティブ:全くもってshouldと同じだと考えてもらっていいよ。ただ、shouldもhad betterも決して弱い意味ではないから使うときには気をつけてね。

might want toの使い方

これは日本の学校や入試ではなかなか見ないので、知らない方も多いと思いますが、弱いオススメにとっても便利な表現です。

ネイティブ:軽い感じで何かをすすめるときに使える表現だよ。なんといってもmightだから意味も弱いんだよ。



意味の強さ順に並べてみました

まとめると
must > have to > should = had better > might want to
という順番でした。

繰り返しになりますが、mustとhave toは相当強い意味なので、あんまり使わない方が無難です。上司やお客さんにはもちろん、よほど強烈にものを言おうといない限り、自分の部下にも滅多に使わないかもしれません。それこそ

You shouldn’t use ‘must’ or ‘have to’ very often.

というアドバイスが成り立ちます。

細かい意味の違いを学ぶための勉強法(用途・教材別)

楽しく読んで楽しく学べる教科書

ニュアンスを学ぶのに最適な教材として9割の日本人が使い方を間違える英単語101があります。軽い気持ちでスラスラ読めるのに勉強になりますよ。

  AMAZONでレビューを見る

ニュアンスとビジネス英語をマジメに勉強したい場合…

ちょっとしたニュアンスが大事なビジネスの場面で本当に使える英語を学びたい人は、会話を通じて総合的に英語力を伸ばすのがいいです。オンライン英会話は、コストを控えて英語の総合力を伸ばす方法です。オンライン英会話が気になっている人もそうでない人も、無料お試しレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。結局のところ、英語のみならず言語は使わないと進歩しないです。

オンライン英会話でビジネス英語を学ぶなら…

電車の中などのスキマ時間でできるニュアンスの掴み方

HULUなどを使って映画を見るのがいいです。BBCニュースなどのラジオもいいのですが、BBCニュースは人物の動きがないので、ニュアンスよりリスニング学習向けです。映画での英語学習がニュアンスの理解に効果的な理由は、登場人物の演技があるので、どういうシチュエーションでどういう表現を使うのかが、視覚的に理解できるからです。



管理人推奨!ビジネスレベルまで最短で到達する英語習得手順
1. 英語初級~中級は適切な教材を使ったシャドーイングで発音&リスニング
2. シャドーイング後は映画を使ってネイティブの表現に慣れる
3. ビギナー向けオンライン英会話(ビギナー向け) を使って話す練習
4. ビジネス・上級者向けオンライン英会話(ビジネス・上級者向け) を使って話す練習

Menu

HOME

 TOP